イベント

手描きのイラストや絵をその場でキーホルダーに!

紙にマジックで描いた絵をレーザーカッターを使用して

その場でキーホルダーにします。

 

お子さんの描いた絵

マンガ・イラスト

 

がその場ですぐにキーホルダーになります。

 

ご家族の思い出の品に

おじいちゃん、おばあちゃんのお土産に

 

 

 

2022年5月に開催されたデザインフェスタにて

2日間で100名近い方にご購入いただきました。


お子さんが描いた絵をキーホルダーに

デザイン好きな人のイラストをキーホルダーに

コンテンツデータを使用して、その日だけの記念品をその場で作成

同人系の方の漫画をその場でキーホルダーに

ご提案

1.イベント運営

加工用レーザーカッターと人員を派遣

・レーザーカッター持ち込み(LaserboxかM1)

・運営者を1~2名派遣

・弊社にて運営

 

2.レーザーカッターレンタル

イベント用レーザーカッターを1日単位からレンタル

・レーザーカッター搬入・搬出

・レーザーカッター使用方法、イベント運営方法レクチャー

・お客様にて運営

 

3.レーザーカッター販売

イベント用レーザーカッター販売

・レーザーカッターご提案

・レーザーカッター納品

・レーザーカッター使用方法、イベント運営方法レクチャー

詳細

・費用

1.イベント運営

80,000~100,000円/日(税抜価格、詳細は応相談)

 

2.レーザーカッターレンタル

30,000円/日(税抜価格)

輸送費:20,000円(首都圏近郊税抜価格 他地域は応相談)

 

3.レーザーカッター価格

Laserbox (炭酸ガスレーザー):658,000円(集塵機、材料付税抜価格)

M1 (半導体レーザー):夏新発売 後日価格決定

 

材料

Laserbox(炭酸ガスレーザー):木材、アクリル、アルマイト、革

 

M1(半導体レーザー):木材、ステンレス、アルミ、アルマイト、革

 

材料の手配も行います。

加工の仕方

マジックでコピー用紙等に絵やイラストをお客様に描いてもらいます。

レーザーカッターに描いた絵を入れます。

レーザーカッターで描いた絵をデータにします。

操作用PCにレーザーカッターのカメラの画像が映ります。

 

「抽出」メニューを選択して、データにしたい絵を四角に囲みます。

四角に囲った絵がオレンジ色の彫刻データになります。

「輪郭」メニューを選択して、オレンジ色の彫刻データの周囲にカットラインを作成します。

(彫刻データの輪郭が繋がっていない場合はカットラインを作成出来ない場合があります)

 

カットした材料を使用する場合はこの操作は必要ありません。

レーザーカッターに材料を入れます。

操作用PCにレーザーカッターの中が映るので材料で加工した場所にデータをドラッグします。

スタートボタンを押して加工をスタートします。


過去のデジタル機器ワークショップ

 

子ども体験塾 わくわく☆ラボ ワークショップ